栄養ドリンクについて知りたい方のためのお役立ち情報サイト

栄誉ドリンクについて知りたい方のためのお役立ち情報サイト

胃腸薬は、健胃消化剤、制酸剤、整腸剤、止瀉(ししゃ)剤(下痢止め)など胃や腸に作用する薬の一般名で、胃カタル、腸カタル、

 

胃下垂、胃拡張、胃アトニー、消化不良などのほか、胸やけ、腹痛、下痢などの症状に用いる医薬品の総称。

 

概して一般用医薬品で、家庭常備薬としてまた海外旅行者の必需品として用いられる。俗に胃薬(い ぐすり)と呼ばれることも多い。

 

胃酸を中和し、胃腸の過度な働きを抑制するものと、胃酸の分泌を促進し、胃腸の働きを活発にするものとに大別される。

 

症状にあわない医薬品を選択すると効果がないばかりか、症状を悪化させることとなる。

 

これら両方の効果を持つ複合胃腸薬も市販されている。瀉下薬や止瀉薬も広義の胃腸薬に含まれます。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

栄養ドリンクの含有成分による分類

栄養ドリンクは、含有成分によって以下の3つのカテゴリに分けられています。

 

(1)「清涼飲料水」オロナミンC、リアルゴールド、など
(2)「医薬部外品」リゲイン、リボビタンD、エスカップなど
(3)「医薬品」リポビタンゴールド、ゼナ、ユンケル皇帝液など

 

これらの分類のうち医薬品OTC医薬品で医療医薬品はないため購入に医師の処方箋は必要ないとされています。また、薬事法上は医薬品、医薬部外品に該当しない商品に関して「効能」「効果」をうたう事は出来ないとしているので、清涼飲料水であるのに「効能」「効果」が書いてある商品は違法商品になります。

 

平成11年規制緩和となり、薬局やドラッグストアでしか買えなかったドリンク剤など医薬品の一部が、スーパーやコンビニでも買えるようになりました。この規制緩和の是非については、それぞれの立場(小売店、メーカー、薬剤師会等々)で、未だ大きな議論がなされています。例えば、薬局・薬店側としては、せっかくの専売品が他のチャネルで売られる(つまりライバルが増える)ということで反発しますし、メーカーとしては、医薬品として作った製品のラベルを「医薬部外品」に作り変えなければいけなかったりと、コストがかさみます。薬剤師会側も、薬剤師不在の元で販売して、安全性、副作用などの問題は大丈夫なのかと、反発が大きいようです。 

 

服用の際の注意点

栄養ドリンクは医薬品、ないしは医薬部外品であることを念頭に置き、一日の容量を厳守することが大切です。有効成分や添加物の中には、多量の摂取が好ましくない成分、カフェイン(コーヒーの10倍以上の濃度)などが含まれているものもあり、生薬等の薬効成分抽出のためにエタノールを使用し、これに由来するアルコールが0.1〜1%程度含まれている製品もあります。酒気帯び運転の取締り(アルコール検査)の際にアルコール分が吐息から検出され検挙されてしまったケースもあります。

 

栄養ドリンクに含まれる成分のうち水溶性ビタミン類は過剰に摂取しても尿から排泄されるだけなのでただちに健康面での問題を引き起こすにはあたらないのですが、過剰摂取によって健康を害するおそれがある成分(カフェインや脂溶性ビタミン、鉄、銅、亜鉛など)が含まれた製品が多いので注意が必要です。

 

ビタミン剤(特にA,D,E,K)、一部の漢方薬、アルコール、風邪薬などと、同時に服用すると、ドリンク剤含有成分とお使いの薬の相互作用(飲み合わせ)によってよくないものもあります。また、普段薬を使っていない方でも体に合わない事があります。・ 高血圧の人・ 糖尿病の人・ 心臓の弱い人・ 肝臓の弱い人・ 胃が弱い人などといわれています。必ず全ての場合にあてはまるものではありませんが、医薬品の場合には、お店の薬剤師や、かかりつけの医師と相談すると安心です。