ドラッグストア監修のカフェインの作用

カフェインの作用

主な作用は覚醒作用、脳細動脈収縮作用、利尿作用があります。






1回につき500mg、1日に1グラム(1000mg)以上とると、胃部不快感、動悸(どうき)などの副作用が起きやすくなると言われています。



ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。



医療分野において薬事法では1回(1錠・1包等)あたりに500mg以上のカフェインを含むものを劇薬に指定しています。

 

このように若干の依存性も持つが、その場合も害はわずかなものであって、1日に1〜2杯飲む程度であれば健康への影響は無視できるほどです。

薬剤師国家試験