ドラッグストア監修の栄養ドリンクのサイト

栄養ドリンクに関する情報サイト

栄養ドリンクは医薬品、ないしは医薬部外品であることを念頭に置き、一日の容量を厳守することが大切です。有効成分や添加物の中には、多量の摂取が好ましくない成分、カフェイン(コーヒーの10倍以上の濃度)などが含まれているものもあり、生薬等の薬効成分抽出のためにエタノールを使用し、これに由来するアルコールが0.1〜1%程度含まれている製品もあります。酒気帯び運転の取締り(アルコール検査)の際にアルコール分が吐息から検出され検挙されてしまったケースもあります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

栄養ドリンクに含まれる成分のうち水溶性ビタミン類は過剰に摂取しても尿から排泄されるだけなのでただちに健康面での問題を引き起こすにはあたらないのですが、過剰摂取によって健康を害するおそれがある成分(カフェインや脂溶性ビタミン、鉄、銅、亜鉛など)が含まれた製品が多いので注意が必要です。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

ビタミン剤(特にA,D,E,K)、一部の漢方薬、アルコール、風邪薬などと、同時に服用すると、ドリンク剤含有成分とお使いの薬の相互作用(飲み合わせ)によってよくないものもあります。また、普段薬を使っていない方でも体に合わない事があります。・ 高血圧の人・ 糖尿病の人・ 心臓の弱い人・ 肝臓の弱い人・ 胃が弱い人などといわれています。必ず全ての場合にあてはまるものではありませんが、医薬品の場合には、お店の薬剤師や、かかりつけの医師と相談すると安心です。

 

調剤薬局